外壁改修工事

一般的なモルタル塗り仕上げの外壁も、気温の変化や経年劣化によるモルタル、コンクリートの膨張収縮を繰り返し、モルタル層からの浮きや剥がれが発生します。これらの浮きや剥がれが悪化して、剥落事故につながらないように改修工事が必要となります。

塗り仕上げにおける、仕上層の剥落につながる浮き・剥離はコンクリート躯体と下地モルタルの界面で発生します。浮き・剥離が起きているモルタル劣化部を撤去し、モルタルを埋め戻します。