現場防食塗装工事

橋梁の防食塗装

橋梁は、河川・渓谷・運河などの上に架け渡し、道路・鉄道などを通す構造物です。

弊社近くを走る「金沢シーサイドライン(新杉田~金沢八景)」の塗装工事(横浜市道路局ほか発注)では弊社が多くの径間の塗り替えを担当しています。

横浜市民や観光客の身近な足である交通分野においても「貢献」しております!

地域の重要橋脚の防食塗装実績

  • 金沢シーサイドライン
  • 西湘バイパス 森戸川橋

施工手順

現地施工条件の調査

まずはじめに現場調査を行い最適な施工条件と作業の内容をよく検討します。

仮設工事

つづいて仮設資材搬入をおこない、足場仮設を実施します。

防食塗装工事

塗膜の状態調査と補修を行い、実際の防食塗装を施工します。

撤収

現場作業が終了したら足場を解体して仮設資材の搬出をおこないます。

工期管理/進捗管理

工事期間中は、工程の進捗状況をバーチャート工程表により管理し、作業員の山積み、材料の搬入計画などの確認を効率よく行います。
各工程にはマイルストーンを定めて進度管理及び実績検討を行います。

「西湘バイパス森戸川橋塗替塗装工事」の施工手順

1. 準備工 2. 足場仮設 3. 素地調整(ブラスト) 4. 下塗第1~3層目 5. 中塗 6. 上塗 7. 雑工

*上記、作業工程にて完了致しました。